有効求人倍率とは

有効求人倍率という言葉は、全国のハローワークの求職者数と求人数との割合を示すものです。単純に求人倍率というのは、ハローワークに限定せずに求職者数と求人数の割合を示すものだそうです。求人数を求職者数で割っていずれも算出します。求人倍率は、求人10件に対して求職者が5人なら10÷5で2.0となります。有効求人倍率というものは、求人が求職者1人に対してどあれだけあるかを示す数字になります。表しているのは求職に対する求人の過不足で、職探しが難しくなってくると数字が小さくなることになります。「有効」という言葉を有効求人倍率に用いるのは、2ヶ月の有効期限がハローワークの求人や求職の申込みにあるためです。求人や求職は期限内のものを対象としており、各月の新規の求人や求職者数とは違うものとしています。このほかの求人倍率としては、新規求人数と新規求職者数から算出する新規求人倍率や、先月から繰り越した求人数に新たに発生した求人数を加えた月間有効求人倍率などが、有効求人倍率以外にも存在しています。何回か期限の切れた求人を、企業が出し直すこともあるといいます。有効求人倍率に比べて高めになる傾向があるのが、新規求人倍率の特徴です。ハローワークを通じた求人や求職が有効求人倍率なので、ハローワークに登録しない新卒などの人は含まないそうです。有効求人倍率数に含まれないのは、求人情報誌に掲載されている内容などです。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン