使用目的により開発されたサプリメントの形状

カプセル型の形状のサプリメントは、最近では健康食品業界のサプリメントに用いられています。カプセルは、元は医薬品のために開発されたものだったようです。少し前まで、サプリメントは顆粒タイプばかりでした。カプセルで密封することで品質の劣化や変質を防ぐことができます。従来の粉タイプでは、湿気の影響を受けるなどのデメリットがありました。必要な栄養素を効率よく摂取できる形状にになったと言えるのではないでしょうか。カプセルの形状はだ円形が多く、両側が丸く、中央にキャップ部分と容器部分のつなぎ目がある筒型をしています。材料はゼラチンで、形状や大きさは商品によって違います。今では、美容液やメイク用品などで使い切りタイプの容れ物としてカプセルを使うこともあります。形状がカプセルのサプリメントは、大別してソフトカプセルには液体が、ハードカプセルには粉が入っている傾向があります。ビタミンEサプリメントの場合、こはく色でだえん形のタイプが以前から販売されています。ビタミンCのサプリメントは酸っぱさを感じながらも舐めるチュアブルタイプが多かったですが、このところハードカプセル型も作られるようになりました。酸味の強いビタミンCの印象も、カプセル型の形状のサプリメントを使用することで酸味に弱い人でも摂取しやすくなったのではないでしょうか。マルチビタミンやアミノ酸のサプリメントで、ゼリータイプのものもあり、様々な形状の商品が販売されています。これから先も、バラエティ豊かな形状のサプリメントが登場するようです。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年10月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン