基本的なサプリメントの形状について

サプリメントには様々な形状の商品がありますが、よくあるものは粒子、カプセル、錠剤などです。カプセルタイプは更に2パターンあり、カプセルの固いハードカプセルとカプセルの柔らかいソフトカプセルがあります。サプリメントの有効な成分が空気に触れないため、ソフトカプセルのサプリメントは長期に渡って保管することが可能です。また、商品の匂いや味が独特な場合、飲みやすさを考慮してカプセルに封入する場合があります。形状がソフトカプセルのサプリメントは、サプリメントの他にも化粧品や医薬品など、数多くのジャンルで用いられているようです。形状がソフトカプセルであるサプリメントの定番としてはビタミンEがあります。ソフトカプセルは、基本的にはゼラチンが原材料です。サプリメントの成分となる粉や脂質を、ゼラチンから作られたソフトカプセルに入れることで、サプリメントができます。ハードタイプの形状のカプセルは主に医薬品や健康食品へ多く使用されています。容れ物部分とフタ部分とがあり、薬や栄養成分の粉などを中に入れて飲むという使い方をします。ハードカプセルを用いたサプリメントは、中に入れる成分に特別な加工をせずとも使えるので、整形時点での商品変化を少なく抑えることが可能です。ハードカプセルの成分も主にゼラチンで、使用の目的により様々な形に成型されています。大半のハードカプセルは、全体の形としては細長い円筒形で、端が丸くなっており、中にサプリメントが入っているというものです。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン