サプリメントがよく用いられるアメリカの背景

アメリカでは、成人の7割が健康維持のためにサプリメントを日頃から活用しているといいます。アメリカではサプリメントを予防医療の一つとして、健康維持のために利用されています。アメリカ国民全体がサプリメントの正確な情報を持ち得ているのです。サプリメントを活用する人がアメリカで多い背景には、医療制度の違いがあります。日本とアメリカとでは、医療に関する前提が異なっているのです。アメリカの医療の背景にあるのは、日本のような国民全員の入る国家の保険ではなく、会社が作る団体の保険制度です。一部の人は民間の保険会社に入り、収入が少ない時は保険に入っていないのがアメリカの実情なのです。リーマンショックなどで700万人が仕事を失い、どの保険にも入っていない人は5000万人に登るといいます。保険が使えなければ診察にかかる費用もかなりのものですから、サプリメントで病気を防ぎたいという考えが浸透するわけです。このような保険制度を改善するため、アメリカ大統領は保険システムの変革に乗り出しています。アメリカ国民からは懐疑の声が聞こえるばかりであまり同意が得られないようです。日本では誰でも保険に入れ安く医療サービスを受けることができますので、サプリメントへの関心も薄いようです。アメリカと比較してみると依然としてサプリメントの情報も少なく、悪質な業者も少なからず存在してます。アメリカ人のように、上質なサプリメントと悪質なサプリメントの区別をしっかりと出来るようなることが一般消費者には必要です。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン