アメリカのサプリメントに関する法律

アメリカでは、病気にならないよう予防するためにサプリメントを使うという考えが定着しています。日本のような国民皆保険制度がアメリカには敷かれていないため、サプリメントでの健康維持が熱心になりがちです。なるべく費用のかかる医療機関を受診することのないよう日常からサプリメントをとり健康に気をつけているといえます。アメリカでは、栄養補助食品健康教育法というサプリメントに関する法律が存在します。日本ではサプリメントは食品ですが、アメリカには食品と医薬品の間にサプリメントという分類が存在します。肥満が増加し、心臓病や動脈硬化のリスクが高まっていること、医療費が高額になることなどがアメリカで健康への意識が高まる理由です。このような事情で、アメリカではサプリメントがよく売れています。サプリメントに使われている原材料や含まれる成分について、今までは制約はありませんでしたが、法律によって情報開示をすることになったようです。サプリメントをどう使えばいいのかアメリカ国民が情報を手に入れやすくなったのも、普及した一因となっています。日本は、アメリカほどサプリメントに関わる法律が十分に整っていません。そのサプリメントでの副作用が問題になって初めて対応がされるという形です。近年、薬事法が改正されたことによって、これまでは医師に処方してもらわなければならなかった医薬品でも条件つきで購入できるようになりました。しかし、ある程度の使用実績があり、副作用リスクが少ないごく一部の成分に限られています。この先日本で多くの人がサプリメントを安全に使えるようになるには、アメリカのようにサプリメントに関する法律がきちんと整備されるようになることが求められます。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン