ブラックのクレジットのメリット

クレジットカードの中でもトップに位置するものが、ブラックのカードとなります。日本で使われるようになったのは2002年ですが、それ以前にアメリカではアメリカンエクスプレスがセンチュリオンカードという名前で1999年に開始しました。今ではダイナーズやマスターなど、さまざまなクレジット会社でブラックのクレジットカードを発行しています。ちなみにアメリカンエキスプレスのブラックカードの年会費は30万以上にもなります。一部で話題となったのも記憶に新しいところです。クレジットカードが盛んに使われているアメリカ国内では、年会費に30万円かかるクレジットカード自体はそれほど珍しいものではないといいます。クレジットカードの年会費に30万円もかかってしまうとは、どのような背景によるものなのでしょう。クレジットカードをブラックで持っているだけで、サービスがたくさんあります。小型ジェット機のチャーターやホテルや飛行機の無料アップグレード、レストランやコンサートが優先的に予約できるそうです。クレジットカードがブラックであれば、車や住居の購入もしやすくなるという利点があるといいます。1年間でクレジットカードを使った決済を1,000万円することが、ブラックのカードに招待される条件と言われています。有名実業家や売れっ子の芸能人が、ブラックのクレジットカードを所有しており、そのカードをステイタスシンボルにしているようです。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2017年9月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン