クレジットのブラックリスト

ブラックリストに用心してクレジットを使いましょう。クレジットカードにはハイグレードカードととしてのブラックという言葉もありますが、その一方でブラックリストという言葉もあります。ブラックのクレジットカードが最上級を意味するのであれば、ブラックリストは要注意人物リストを意味します。今までクレジットカードの返済が返しきれなくなったり、借金が膨らんで破産したという人がわかる人名帳です。実際にはリスト化はされてはいないとの情報もあります。クレジットカードは、新規の作成を頼む場合、カード会社による審査が必要です。これまでに金融会社から融資を受けたことがあるか、返済は問題なく行っているかなどを審査でカード会社は確認します。金融会社自体は、利用者の信用情報を確認できる体制を作っています。そのため、キャッシングを利用しすぎたり、お金が返せないという人の話は伝わりやすいのです。審査に通らなくなった状態をブラックリストに載ったと巷では言われているようです。ちなみにクレジットカードの支払いを滞納した場合、通常5年程度は記録に残っているようです。破産宣告をした場合は、7年から10年の間クレジットカードが作成できないといわれています。ブラックリストに記録されるということは信用を大きく損なうことになってしまいますので、クレジットカードやキャッシングを使う時は返済に重々注意してください。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2017年9月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン