ラスクとは??

ラスク(英:rusk)は、焼き菓子の一種。 0.5cmから1cm程度の厚さに切ったパンの表面に、アイシング(卵白と粉砂糖を混ぜたもの)を塗り、オーブンで焼いたもの。もともとは「二度焼いたパン」を意味しており、固くなったパンを食べるために工夫されたもの。二度焼きしているため独特のカリッとした食感があり、また水分含量が少ないため保存性も高い。 ラスクは通常、歯で容易に噛めるが、堅パンのように、堅く焼いたものもあり、幼児の歯固めに用いられるものもある。 味も、甘いものだけではなく、ニンニクを効かせた「ガーリック味」、また塩味のラスクもある。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン