中村俊輔のプレイスタイル

中村俊輔選手の持ち味はまず、そのフリーキックの精度にあります。
ゴールに対して、あまり角度の無い位置から助走し、軸足を地面に滑り込ませるように踏み込み、上半身を押し出すように巻き上げる独特のフォームから繰り出されるボールは、鋭い弧を描きます。
Jリーグ在籍中もフリーキックの名手として評価されており、重要な場面でフリーキックを蹴ることが多くありましたが、海外に移籍後は体の大きな選手を常に相手にすることとなるため、それまで重要視していた曲がることよりも、スピードに重点を置くようになり、更なる進化を遂げました。
中盤の選手としては、典型的なパサーのスタイルで、自身がボールを保持して溜めを作りながら様々なパスを繰り出し、ゲームを組み立てます。
日本代表においては自身で切り込むといった場面はそれほど多くありませんが、所属しているセルティックではシュートを意識するなど、ゴール前でディフェンダーを交わして得点するといった場面も見られます。
日本代表の中心選手ですので、今回も代表に招集されるのは間違いないかと思われますが、スコティッシュ・プレミアリーグの日程がキリンカップの直前まで組まれているため、キリンカップサッカー2009におけるチリ戦やベルギー戦への出場は難しいのではないかと言われております。
合流は現在、ベルギー戦の頃か、ワールドカップ予選のウズベキスタン戦の予定とされていますが、出場の際には活躍を期待したいものです。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2020年8月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン