家電リサイクル法制定の背景

エコポイント制度が制定された事により、見直されてきている家電リサイクル法。
この家電リサイクル法が制定されたからこそエコポイント制度が成り立ったともいえますし、エコポイント制度が制定されたからこそ、家電リサイクル法が見直されているともいえます。
つまり、両者は密接な関わりがあるということですね。
そんな家電リサイクル法が制定された背景には、当然エコというものが存在しています。
家電という物は、非常に多くの人が数多く購入するものですよね。
生活必需品と言って差し支えないものが沢山あるのが、家電というカテゴリーに属する商品ですから、ほとんどの家庭に多数の家電があります。
その家電というのは、決して寿命は長くありません。
大切に使えば、10年20年と持つ物もあります。
ですが、実際にはそこまで使うというのは稀で、ある程度技術が進んだ段階で買い替えるというケースが目立ちます。
では、家電を買い替えた時にそれまで使っていた家電はどうするかというと、当然廃棄処分にしますよね。
問題は、その廃棄された家電です。
廃棄された家電は、埋め立て地に埋めるというのがこれまでの処分方法でした。
ですが、これだといずれ面積的な限界を迎えます。
そこで、家電リサイクル法が制定されたのです。
家電をリサイクルする事で、本来廃棄されるスペースを抑えると共に、材料資源の確保にも繋がるという一石二鳥の法律なのです。
この制定により、エコに対してようやく取り組みが始まったと言えます。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン