家電の廃棄量は半端ない

家電リサイクル法の誕生の背景には、家電の廃棄数の多さが問題視されたという点が挙げられます。
実際、その量は尋常なものではありません。
近年の家電芸人やエコポイント制度が大きな話題となったのは、家電製品の普及率の高さが要因です。
テレビ、洗濯機、掃除機、冷蔵庫などの家電が家にある確率は、100%に限りなく近いでしょう。
つまり、どんな家庭であっても、家電に対する話題には付いていけるのです。
その為、家電に対しての関心は一度火がつくと一気に燃え広がり、エコポイント制度の報道によって家電がさらに売れるという現象が発生するのです。
そして、それはそのまま家電の廃棄数にも同じことが言えます。
家電の普及率が高いということは、それだけ廃棄される家電も多いということです。
では、実際にはどれだけの量が廃棄され、処分されているのでしょう。
1年間当たり、約60万tという量の家電が廃棄されているのです。
ただ、この60万tという数字だけなら、実はそれ程問題にすべき量でもありません。
というのも、日本全体で1年間に捨てられる一般廃棄物の量は、実に5,000万t以上だからです。
つまり、家電の廃棄量は全体の1%程度でしかないのです。
では、どうしてこの中で家電がクローズアップされたのでしょう。
理由は、焼却が難しいからです。
通常の燃えるごみの場合、燃やしてしまえば一気にその重さはなくなります。
しかし、家電の場合はほぼ原型の重さのままで処理しなくてはなりません。
それが、エコポイント制度などが制定された背景のひとつと言えます。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン