家電リサイクルの流れ

家電リサイクルは、消費者、販売店、メーカー、そしてリサイクル処理施設といったそれぞれの立場の人達がそれぞれに自分の役割を果たす事で成立します。
そこには一定の流れがあり、その流れに従う事で家電が再利用されていくのです。
ここでは、その流れについて見ていきましょう。
まず、家電というのは各家電製品メーカーが開発し、それを販売店に売ります。
販売店はメーカーから卸した家電を、それぞれの裁量の範囲内で価格設定を行い、それを消費者に対して販売します。
消費者は、その価格と性能を加味し、自分にとって必要な商品と判断した場合、その商品を購入する事になるでしょう。
購入した商品は、家でしばらく使用していきます。
そして、その商品が壊れたり、別の商品に魅力を感じた場合に、廃棄する事になります。
ここまでは、なんという事のない普通の物流ですね。
問題はここからです。
家電リサイクル法が制定される前は、ここで廃棄して終わりだったのですが、今は違います。
消費者は、廃棄する家電が対象の家電製品かどうかを確認し、リサイクル対象家電の場合は、販売店に持って行き、引き取ってもらいます。
その時にリサイクル料金が発生します。
販売店はその廃棄家電を引き取った後、メーカー指定の引き取り場所に持って行き、それを引き渡します。
メーカーは各引き取り場所の家電を改修の後、リサイクル処理施設に運びます。
そして、そこでリサイクル処理が行われるのです。
エコポイント制度が開始した今、家電はさらに販売実績を伸ばすと言われています。
ですが、エコポイント制度をきっかけに購入した人の中には、こういったリサイクルを知らないという人もまだいるかと思います。
エコポイント制度もそうですが、エコに関心があるならば、まずリサイクルの仕組みを知っておくと良いかと思います。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2018年12月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン