高脂血症になりやすり人

高脂血症の症状ですが、最初のころは、ほとんど自覚症状がありません。
ですが、中性脂肪が通常に比べて極端に高い高脂血症の場合は少し違ってきます。
早い段階で急性膵炎を発症し、見つかるケースがよくあるのです。
急性膵炎は、とても痛いそうです。
急に激しい痛みが背中に出ることのほか、食欲不振になったり、嘔吐したり、これらの症状が見られます。
普段から脂肪が多いものを摂取したりする人、お酒を大量に飲む人に見られ、呑んだり食べたりした後に激しい腹痛が襲ってきます。
これらの場合は急性膵炎かもしれませんので早めに受診しましょう。
では高脂血症になりやすいタイプというのは、どんな人なのでしょうか?
普段の生活習慣や、すでに煩っている病気など、いろいろな面からチェックしてみましょう。
その1 親が高脂血症や動脈硬化の症状を持っている。
その2 肥満である。
その3 高血圧、境界型血圧である。
その4 普段、あまり歩くことをしない。
その5 糖尿病か、血糖値が高いほうである。
その6 お酒を沢山飲む。
その7 肉類や油料理が好きである。
その8 果物、甘い物、乳脂肪の製品が好きである。
その9 閉経している。(女性の場合)
その10 痛風がある。
以上の事柄で当てはまるものが多いほど高脂血症になる可能性が高いということになります。
これらの問題は食生活や日常生活の心がけである程度改善されます。
該当したものが多かった人は、今からでも遅くありませんから、これを機会に生活習慣を改善してはいかがでしょうか。

Comments are closed.

スポンサーサイト

リンク

2021年12月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Loading...

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン